捜査機関

偏った捜査により、SBS/AHTを支持する医師には意見を求めるが、中村Ⅰ型を支持する医師には意見を求めない。
正直に話せば分かってくれるはずと親が目撃した事故の事実をいくら訴えても信用してもらえない。
低位落下(つかまり立ちから転倒やソファからの落下など)による事故や内因性からは硬膜下血腫にならないと決め付けている。
虐待などしていないし我が子にも会いたいから逃げも隠れもせず、事故/内因性なのだから捜査機関が欲しがる証拠など存在しないので隠滅する証拠自体が無い。それにもかかわらず虐待だと決め付けてストーリーをねつ造し、必要性が無いのに自白を強要したいから逮捕/勾留し起訴しようと必死だ。
誤った通説を信じ切っている捜査機関から我が身を守らなければならなくなる。