一時保護から続く長期間の親子分離

子どもを守るためとの名目で疑わしければ、突然、強制的に、親子が引き離されてしまう。児相に疑われてしまうと安易に。
児相と話し合いたいと思っても、こちらの主張をたたぶつけるだけでは、嘘つき(嘘つきに協力する人々)の言うことなど聞けるかとばかりに片付けられてしまっていると感じている。
我が子が人質に取られているので児相の考えを受け入れたうえで児相の世界観で通用しそうな言葉を選んで粘り強く立ち向かうしかない。
正義を貫こうと真っ向から訴えると我が子の居場所も分からず会うことも出来なくされてしまうのだから。

現行の虐待対策

児相が虐待と疑えば親元から子どもを連れ去る現行制度。
どれ程、虐待ではない不要な親子分離の処分/措置がとられているのだろうか。
税金の無駄遣いをしているのだろうか。
厚労省は児相に人質をとって無理やりに親子分離の処分/措置をさせておきながら親とのラポール(信頼関係)を築けと無理難題を突き付けている。
親が語る事故の事実や内因性の可能性には耳を傾けず、毅然とした態度で「疑わしきは親子分離」と接してくる相手を信頼するなどと厚労省は考えているのだろうか。
一般市民を何だと思っているのか。
自身は性悪説で親に接するが親には性善説を求めるのはいかがなものか。
親と直接に接する児相ケースワーカーの立場には同情するが、自身の役割に本気で臨んでいれば機能しない制度だと現場から突き上げるのではないだろうか。それとも現場から要求をしているが無視されているのだろうか。

一時保護/施設入所措置に不服を唱えると、、、

一時保護処分/施設入所措置に対して不服を唱えると我が子に会えなくさせられてしまいます。
不服を唱える手段(審査請求、処分の取り消しの訴え、家庭引き取りの要求)に踏み切れず、児相の言うままを受け入れるしかないのが実情です。
宮崎県の児童相談所が提訴された件が実例です。
内容は、
業界レーダー
http://gyokairader.blog40.fc2.com/blog-entry-356.html
でご覧になれます。

一時保護は職権により親の同意なく強制処分できる制度なので親に同意を求める児相の存在は耳にしたことがありません。
施設入所への同意については、我が子が人質にとられてどこに居るのか居場所も分からない状況で居場所と面会をダシに使われるので同意せざるを得ない。同意しないと居場所も分からず面会もできない。
不服を唱えると面会を禁止されて会えなくさせられては溜まりません。
我が子に会えるのを心の支えに何とか不当な処分/措置に耐え忍んでいます。
児相に意図がなかろうが親は圧力を掛けられていると感じています。
いつの間にか親は立場を弱くさせられていて家族が長い間苦しめ続けられています。
不当な親子分離で奪われた時間は二度と取り戻せません。

SBS/AHT診断では虐待を鑑別できません

SBS/AHTという考えは、
何が明らかで、
何が足りないのか、
足りないものをどうやって補うのか、
が整理されていない。

日本ではアメリカからSBSという考え方が持ち込まれる以前から中村Ⅰ型(乳幼児急性硬膜下血腫)という考え方があるのに何故、SBSが広まってしまったのだろうか?大変な被害をもたらしているというのに。

硬膜下血腫の予防

冤罪を生まない的確な虐待対策に見直されること、併せて日本小児科学会の公式サイトにある冊子(PDFデータ)のようなものをもっと広めるべきだと思う。
日本小児科学会公式サイトの
一般の皆さまへ→子どもの事故と対策
に冊子(PDFデータ)があります。
1~3ページと15-16ページより転倒から硬膜下血腫になることが読み取れるので、つかまり立ちが始まる前に乳幼児用の洗えるスポンジヘルメット等を用意しておき早め早めの予防が広まって欲しい。

急性硬膜下血腫は虐待の証拠?

海外から取り入れたSBS/AHT。
既に海外では仮説が支持されていただけでSBS/AHT診断は虐待の証拠ではないと見直されている。
しかし日本では未だに見直されておらず通説で悲劇を生んでいる。
日本では硬膜下血腫や眼底出血の症状があるとSBS/AHTと診断されて虐待の証拠とされてしまう。
親が目にした事故の事実とは一致していないのに。
日本もスウェーデンを見習って国を挙げてSBS/AHT問題に取り組んで欲しい。

虐待も冤罪も無い世の中を目指して欲しい

虐待も冤罪も無くそうとして欲しい。
特にSBS/AHTに疑念を抱いていない人には。

養育者が語る病歴に低位落下や内因性を認めない。
見たままの事実を話しても嘘をついているとされてしまう。
SBS/AHT診断の医学的妥当性に関する論争はない???
https://shakenbaby-review.com/SBUReportofSBS2016.pdf
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/sbs_gironjokyo.pdf
医学とは何?医学の役割とは?
謙虚さに欠ける発言で、これ以上、人々を惑わさないでもらいたい。
SBS/AHT診断は世のため人のためどころか取り返しのつかない被害を生んでいる。

我が子と暮らせない生活

長期間、我が子と一緒に暮らせていない。虐待などしていないのに。
毎日がつらい。つらすぎる。
児童相談所は疑わしいから100%事故とは言えないからと強権を振りかざして突然に我が子を連れ去った。
虐待を疑っている親を拘束するのではなく我が子を拘束。
疑いすらない家族(母or父、祖父母や兄弟姉妹)であっても一緒に暮らせない。
今の法制度では何も出来なくさせられていて、なす術が見つからない。
気持ちのやり場がない。
どんどん心も体もすり減っていく。
それでも我が子を返してもらうまでは持ちこたえなければ。

急性硬膜下血腫の適切な処置

本来の医師や救急隊員の役割は何でしょうか。
子どもの命を、将来を第一に考えて欲しい。
頭蓋内の出血は一刻を争うのではないのか。

駆け付けてくれた救急隊員に、つかまり立ちから後ろに転んで意識を失ったと話すも、けいれん発作で倒れたと判断されて病院へ搬送されてしまう。
搬送先の病院でCT撮影して急性硬膜下血腫と診断されるが小児脳神経外科が無く対応してもらえず転送先を探すことになる。
転送先の病院まで医師が付き添って励ましてくれたのは心強かった。
転送後に手術で命は救われたが後遺症が残ってしまった。手術の前に虐待の疑いから全身のCT/MRI撮影もされていた。
子どもの命を、将来を第一に考えて虐待の疑いで必要なことは後回しにしてもらいたかった。
病院転送に要した時間と虐待の疑いで撮影に要した時間が省けて、脳神経外科医の青木信彦先生の様な経験/知識/技術を持った医師に処置してもらえていたら我が子の予後は変わっていたかもしれない。

救急隊員も病院も医師も選べない。
虐待対策も重要だが、命を救うための、予後を良くするための経験/知識/技術を高め合うことにも、もっと力を入れて欲しい。
子どもの命を将来を最優先に考えて欲しい。
虐待の疑いで決められているであろう検査や手順を優先させるのではなく。